進学塾のノリで教えない元牛飼いパンツ男

義務教育や塾で教わる五教科七科目って、生きてく時にどんだけ頼りになるのだろう、いやならない。だって、がり勉メガネがイケテる女の子をスタバデートに誘えないじゃない??もちろん五教科七科目を役にたてられる人はそれでいい。でも私は、五教科七科目に、教わる義務教育やソウナッテルからという下らねぇ教師の言い分に、唾と爪の垢をなげつけることしかできなかった。うーん、馬鹿にすんのは簡単だけど、じゃあテメェ一人でどうにかできる実力はなかったんだなってこと。誰も責めることができない!

「銀魂」「上野千鶴子」「ローラ」「カツオ」「醤油」「ゆるキャン」「ヘソの穴」の7単語を絶対使って書けと言われたら??

今週のお題「大人になったなと感じるとき」
本当に最後の銀魂の映画が上映されるときですよね。あー、長い時間がたったと思う。それでは、銀魂関連の仮定の話しますね。

銀魂の映画の話題になり、フェミニストの武市がいいよね~と気になる娘に話されたとする。すると、フェミニストといえば、上野千鶴◯って知ってると聞かれ、知らないけど知らんと素直に答えて無知をひけらかすのも恥ずかしいので、脱毛のCMにでてるひと?とボケたとする。
そしたら、呆れられとしましょう。

こんな仮定の話ですが、仮定の話だとしてもボケ方にパンチがたりないっすよね。こりゃ反省。やっぱボケるなら、もっとオーバーにいかんとね。

上野先生のことを知らんというにしても、脱毛広告塔とボケるのはぶっ飛び具合が足りない。もっと、ぶっ飛ばなきゃ。

うーん、たとえばね、先生に「面従腹背」の読み方をきかれたときに「ザーmenはらセ!!意味、ザーmenが腹と背にくっつくらいこと、転じて広瀬◯ズの汗がショッパイこと」くらい下ネタパンチきかせてくれなきゃ、男子中高校生は笑ってくれんですわ。ツッコミで、「読み方あり得ねぇミスしてるし、意味まできいてねぇし、その意味も分かんねぇよ!!」とムッツリ童貞男子なら嬉々として突っ込むだろう。突っ込ませるのが勝ちです。やっぱ、みんな主役になりたいんですよ。自分が何かしたいんですよ。カラオケと一緒です。自分が歌いたいんですよ。AVみてるんじゃなくて、自分がキングおナヌーしたいんですわね。頭が白日になるくらい気持ちよくなりたいんですよ。

話もどして、上野先生を脱毛ヒロインとしたのは理由があります。

だって最近なにかと脱毛の広告みるんだもん。そんなに毛が罪なことかと思いますけどね、僕は。

とくに気になるのが、ローラが谷間を強調した脱毛広告。あれ、なんなん?あーいう刺激的な絵はどうかと思うよ。ああいうチラッとした膨らみに、ガキたちは色目を使うんですから。やましいめでみちゃうんですから。私の甥はね、小中学生の頃バスの中で、下着の広告に興奮してましたもん。ぱんてぃとブラの一張羅になった下着姿をつけた海外レディーたちにドキドキしてましたもん。俺の話、聞いてなかったもん。横目でみてましたもん。

そういうガキからしたらね、千鶴◯先生の名前をきいても、ちづこ?血つ!血つ!と連呼するでしょうね。本当にパァ‥。私の甥ってホントにパァ‥。

そんなダメな男を、罵倒してくれるのが上野先生なんです。ちょっとWikiしたんですが、発言がオモロイです。とくに「コミュニケーション力のない男は、マスターベーションし続けろ」的な発言は壺でした。ダメな男を拒絶してくれる、過激なオネェさんって感じです。

こういう過激な台詞をいうオネェ様キャラが、サザ◯さんやゆるキャンに出てきて欲しいと思うのは、私だけでしょうか‥??

ううん、上野先生は頭がキレそうだから、そこは変えて欲しいかな。言論の過激さにくわえて、かつおの頭に醤油かけて叩いて噛みついてくる、リアル噛みつき系女子がほしいんだわ。そんくらい馬鹿になれるキャラがみたい。ゆるキャンでは「オヤツ食べるぅ」とホノボノした口調で、ヘソの穴からチョコやらバナナやらが無限にでてくる娘がみたいんですわ。えっ、お前のヘソの穴どうなってんの!?とワクワクしますからねぇ!