進学塾のノリで教えない元牛飼いパンツ男

義務教育や塾で教わる五教科七科目って、生きてく時にどんだけ頼りになるのだろう、いやならない。だって、がり勉メガネがイケテる女の子をスタバデートに誘えないじゃない??もちろん五教科七科目を役にたてられる人はそれでいい。でも私は、五教科七科目に、教わる義務教育やソウナッテルからという下らねぇ教師の言い分に、唾と爪の垢をなげつけることしかできなかった。うーん、馬鹿にすんのは簡単だけど、じゃあテメェ一人でどうにかできる実力はなかったんだなってこと。誰も責めることができない!

テメェのこと棚にあげて、小室Kに上から目線でアドバイスできるほど、鈍くなった時

今週のお題「大人になったなと感じるとき」

地上の星を聞きながら、己のコブラを撫で回す時、♂は大人になったと感じるはずだ。今まではエッチイアニメやエッチイ動画で、セコシコ自己研鑽してたのかもしれないけれど、地上の星という壮大な音楽のもとでやるソロ活動は乳クセェガキじゃ楽しめないもんね。

音楽つながりで話せば、最近、知り合いの高校生に勧められて聞いた音楽がACDCなんだが、コイツは終わってんなと思った。そもそもナゼ高校生の好きな曲なんて聞いたかというと、英語教えてください!と頭を下げられたからなんですね。だから私としては、今持ってる参考書なりで軽く説明してやるかと思ったんですが、ソイツは英語関連の本はみたくないと宣うんですわ。まぁこのあたりで、見放してよかったんですが(英語やる気ないなら、やんなくていいじゃん。君には英語なんてやらなくても、もっと良いところがあるよぉ??と嘘ついてぇ)、まあ何とはなしに英語やりたい理由を聞くと、好きな洋楽があってその意味を知りたいんだとか。歌詞をカタカナ読みじゃなくて、もっと本物に近い音を出したいんだとか。

まずね、課題が分かってんならテメェで何とかしろといってやりました。歌詞の和訳なんざ調べりゃ分かるし、発音知りたきゃ発音記号の存在くらいしれアンポンタンがと。最初から誰かに頼ろうとする奴は、たかがしれてんだよ。

このホー圭高校生がと。

圭といえば、そういや小◯圭はどうなってんでしょうか。小◯圭にたいするアンチは多いと思うんです。金銭問題のトラブルでは世間を騒がせましたよね。海の王子とかも、顰蹙かいますしね。何様だと。どうせなら、「僕は海の王子なんて柄じゃないです。海のナマコですぶにゅぶにゅうう」と失禁してくれた方がファンは増えたはず。

小◯圭さんに僕がアドバイスしたい。まず、皇族を口説いたそのハウツー本をだしましょう。タイトルは「皇族の口説き方」。いかにして皇族を手に入れたのか、それは気になりますもん。
さらに「Kの好き嫌い」として、小室圭さんの好きな体位と嫌いな食べ物を書き洋装で自費出版しましょう。インコにみられながらする気上位が好き!なぁんて基地害な言葉を書き連ねてほちい。

そこで儲けた財産で、なんとかすりゃいいんだよ圭さん、頑張ってくださいねー❕

‥あぁ、僕は汚い大人になった!